格安引越し利用時の注意点

世の中のサービスにおいて、安かろう悪かろうというのが一般的です。しかしながら、依頼主はそんなサービスは求めていません。安くて良いサービスを求めています。そのためには格安の引越しサービスを利用する際の落とし穴に注意する必要があります。

品質トラブルによくあるのが物品や住居の損傷、または物品の紛失です。一般的に依頼主が立ち会いますが、いったんサインしてしまえばあとで気付いても保証されません。具体的なトラブルをまとめると、「業者の遅刻」、「物品の損傷」、「住居の損傷」、「物品の紛失」です。

こうした落とし穴に落ちる可能性が高いのは、やはり業者の繁忙期である3月、4月、9月、10月、8月、12月などの、節目にあたり時期が多くなります。大手の業者でさえも人員が不足して、経験不足な短期アルバイトの作業員が増えてサービスの質が低下する時期でもあります。格安引越し業者であれば、さらにサービスの質が低下する可能性が高くなります。

ただし、格安引越し業者でも、しっかりと教育してサービス品質を維持している業者もありますので、営業マンにそういった不安があれば事前に確認しておくことも重要です。また、ネットの口コミなどもチェックして実際の利用者の感想を確認することもお勧めします。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket